自分でも簡単にできる3つの口臭チェックの方法とは?

スメルハラスメントとも言われるように
ニオイのエチケットは日本人はとても敏感です。

 

自分の口臭が知らないうちに他人に迷惑をかけていないか日頃からチェックするといいでしょう。

 

自分の口臭はなかなか気づきにくいものですが、
簡単な方法で自分の息がにおっているのではないかの判断ができるでしょう。

 

 

舌が白くなっているかどうかをチェック

舌の中央に白い苔のような物がつくことがあります。
これは細菌のかたまりで、口臭の原因となります。
毎日の歯磨きの際に鏡で見つけたら、舌ブラシでお掃除しましょう。

 

健康な人の舌はピンク色をしていますので
自分の下に苔があったら取り除いてください。

 

ガーゼでやさしく拭いてもいいですし、舌ブラシがおすすめです。
歯ブラシでゴシゴシこするのは絶対にNGです。
(このときガーゼのニオイを嗅ぐと臭いです・・・)

 

 

デンタルフロスを使ってそのニオイを嗅いでみる

歯と歯の間をそうじする道具でデンタルフロス(糸ようじ)がありますね。
あれを歯磨きのあとにやると歯磨きだけでは取れなかった歯垢が付着します。
そしてデンタルフロスに付着したプラ−クの臭いを嗅いでみましょう。
悪臭を感じたら、それは口臭のサインです。
デンタルフロスは口臭予防に欠かせないアイテムなので最近多くの方が利用し始めています。

 

 

コップに自分の息を吐いてそのニオイを嗅ぐ(または家庭用の口臭チェッカーを使う)

 

自分の吐いた息を嗅ぐにはコップに自分の息を吐いてそのニオイを嗅ぐのが一番簡単です。
他には自宅用の口臭チェカーもあるので利用してみましょう。

 

 

タニタのブレスチェッカーは、自分で簡単に使用できる半導体ガスセンサー搭載の口臭測定器です。
歯科医院に行くのが少し面倒な方には、自分で口臭の有無を簡単に知ることができるためたいへん便利です。
通販で簡単に買えるので気軽に試せます。

 

口臭チェッカー最安値はこちら

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちら から!