間違えると効果なし?ラメラエッセンスCの効果的な使い方

ラメラエッセンスCは生コラーゲンを使った肌の水分量をあげる効果が高い美容液として人気があります。

 

せっかくの美容液も間違った使い方をしてしまっては思うような効果は期待できません。

 

正しいラメラエッセンスの使い方をもう一度確認していきましょう。

 

 

ラメラエッセンスCは冷蔵庫で保管する

 

 

ラメラエッセンスCは「フェース生コラーゲン」を使用しています。
生コラーゲンはとてもデリケートな性質で、熱に弱く、常温で放置してしまうと変性してしまいます。
25度以上の環境下では、生コラーゲンは徐々に分解され、ゼラチンコラーゲンの状態になってしまいます。

 

その結果、高い保水力が低下してしまう可能性があります。
生コラーゲンの高い保水力を維持するためには生コラーゲンの鮮度を保つことが重要。

 

また、ラメラエッセンスは防腐剤などの添加物を使用していません。
これは肌の安全にとってはとてもいいことなんですが、化粧品の保存に関しては必要な成分なので使わない場合には冷蔵保存をしなくては品質の維持ができなくなります。

 

このような理由から、毎回必ず冷蔵保存しなくてはいけないのです。
高い品質の維持のために面倒ですが、必ず冷蔵庫で保存して1ヶ月くらいで使いきりましょう。

 

また、毎回使う前にはよく振ってから使いましょう。

 

 

洗顔後すぐの肌に使用する(化粧水の後ではない!

 

ラメラエッセンスCは洗顔後のすぐの肌に使います。
ここが一番間違いやすいポイントです。

 

化粧水の後ではないので注意しましょう。

 

洗顔後の肌に使用しないと肌への浸透が悪くなってしまいますので間違えないようにしましょう。

 

私はエッセンスの後に化粧水なしでクリームにする日が結構ありました。
だんだん肌の潤いがましてくるのでそれでも全然乾燥しませんでしたよ。

 

 

肌につけるときはとにかくやさしく!摩擦はNG!

ラメラエッセンスCには以下のような詳しい使い方の用紙が入っています。

 

 

?5〜6滴を手の平にだし、指先にとりスタンプを押すように肌にのせる。
?両手にエッセンスを広げて気になる箇所を3秒ずつくらい手の平のやわらかいところで密着させるように肌をおおいじんわりと浸透させる。

 

最初は5、6滴だとうるおいが足りないかもしれませんが、そんな時は2、3滴追加してみましょう。

 

肌の状態に合わせて使う量を変えてください。

 

頬のケア

頬の一番高いところに向け頬の下かれ手の平で丸くおおうように包み込みます。

 

目元のケア

手の平のやわらかい部分で目のまわり全体をおおうようにじんわり10秒浸透させて手をゆっくりと離します。

 

 

0.02mmの角質層を守るためにやってはいけないNG行為

 

たったの0.02mmしかない角質層。
その内側のラメラをケアする美容液なんですが、今までの美容液とは違い、お肌におくだけで自然に浸透する特徴があります。

 

だから次のようなNG行為はやめてください。
肌に逆効果になってしまいます。

 

  • 塗りこまない
  • 肌を引っ張らない
  • こすらない
  • パッティングしない

 

このような行為は肌への摩擦が多くなり、とっても薄くデリケートな角質層を傷付けてしまい余計に薄くしてしまいます。

 

保水力約600倍の高濃度の「フェース生コラーゲン」で乱れた角質層を整えてくれるラメラエッセンスC。
他にもエラスチンやヒアルロン酸やビタミンC配糖体も配合されて、肌のコラーゲンの働きをサポートする役割をしています。

 

肌のラメラ構造を修復するラメラ美容法で肌を改善したいなと感じた方はこちらからどうぞ。

 

ラメラエッセンスは、初回限定で5700円で購入できます。