ラメラ美容法ってどんな美容法なの?肌を根本的に改善できるって本当?

ラメラエッセンスCはラメラ美容法を元につくられた美容液です。

 

もっと具体的に言えば、「フェース生コラーゲンが角質層内のラメラ構造を正常に整えることで肌の保水機能を改善し肌トラブルをなくす美容法」といえます。

 

乱れたラメラ構造に肌と同じ成分を補充することで、健康的で美しい肌の状態に導いてくれます。

 

なぜラメラ構造を整えることが美肌につながるのでしょうか?

 

 

お肌に大切なのは、角質層内にあるラメラ構造(リン脂質が規則正しく並んでいる構造)を整えることだと分かってきました。
ラメラ構造が整っていると、お肌の内側は保湿・保護が保たれ、お肌表面も美しくなります。

 

角質層は皮膚の一番外側にあって、主にお肌のバリア機能をつかさどる場所です。
外からの刺激物質(細菌や紫外線、化学物質など)からバリアのように肌を守ってくれる役割をしています。

 

そんな角質層の内部では、リン脂質が接着剤の役割をして水分と油分がミルフィーユ状に幾重にも重なり、規則正しく並んだ状態になっています。これを「ラメラ構造」と言います。

 

健康的なお肌の方はこのラメラ構造が整っているので、水分も油分もたっぷりありハリや弾力があるキレイなキメの整った肌をしています。

 

「水分保持」や「肌のバリア機能」が正常に働いているといえます。

 

ラメラ構造についての詳しい説明はこちら

 

 

角質層のラメラ構造が乱れると乾燥やしわやたるみが加速してしまう!

 

ラメラ構造が乱れてしまうと潤いが保てず乾燥が進み肌トラブルの原因になってしまいます。

 

ラメラ構造が乱れる原因と考えられるのが、合成界面活性剤の使用や紫外線、乾燥です。

 

角質層のラメラ構造が乱れると肌のバリア機能が低下すると、水分蒸発量が増加し、さらに乾燥が進むという悪循環に陥いります。

 

これをそのまま放置すると角質層をつなぎ止めていた角質細胞間脂質が失われるため肌あれや、シミ、しわ、たるみが現れはじめてしまいます。

 

 

いったん、ラメラ構造が乱れてしまうとバリア機能や水分保持が上手く働かない為、お化粧品で栄養を与えても逃げてしまって効果がありません。
インナードライ肌ってやつですね。(肌表面はクリームなどで潤っているけど、肌内部はカラカラに乾いている状態)

 

このようにラメラ構造を正常に保つことで乾燥だけではなく、ハリやシミ、たるみみが改善されることがわかってきました。
ラメラ構造に着目して肌の再生をめざす美容法がラメラ美容法なんですね。

 

 

ラメラ構造を乱さないために何に注意したらいいの?

 

それは、ラメラ構造を壊す原因を排除すればいいんですが、それが難しいから多くの人がラメラ構造の乱れに悩まされているんでしょう。

 

まずはこんなことからはじめてはどうでしょうか。

 

  • 合成界面活性剤を使わない
  • 肌をゴシゴシ洗わない
  • スキンケアはやさしくつける(コットンでこすったりたたいたりしない)
  • メイクをしない日を作る
  • 日焼け止めは必ずつける(できればお湯で落せる肌にやさしいものがいい)

 

「フェース生コラーゲン」は日本のみならず世界でも特許を取っている独自の成分で、1瓶の中に約23兆個のフェース生コラーゲンが入っています。
ラメラ美容法をやってみたいなら、ラメラエッセンスCでやるのがおすすめです。
あなたもぜひ体感してみてください。